<< 新型アンチョビミサイル ご報告。 | main | アンチョビミサイルとターボの使い分けについて >>

太刀&青物探索

0
    小笠原遠征から戻り、爆釣感覚の抜けないまま駿河湾へ魚を求めて出船しました。
    今回はアンチョビターボの釣行テストと青物探索です。
    
    ここ駿河湾では6月に入りすでに太刀の釣果があちこちで聞かれるようになりました。
    今回はアンチョビターボを使った深場での太刀テスト釣行の予定だったのですが
    出船直後、東の風が強まり白波が立ってきたため、太刀ポイントをあきらめ近場での釣りに変更しました。
    
    
    
    近場では、ここ数日小サバが群れで回遊してきたという情報も入ったので、小サバを狙う鳥山を探し
    青物狙いに変更!
    
    捜索後すぐに鳥山発見!
    
    青物の群れは、「鳥山の動き」「まとまり方」で鳥の下にいるフィッシュイーターがおおよそ推測できます。
    
    今回発見した鳥山は、動きが早い!!
    これはサワラの群れに付く鳥の動きに間違いありません。
    サワラは足が速いため、それを追うベイトや鳥の動きも早くなるわけです。
    
    足が速いということもあり、群れを船で追い切れないため
    今回は鳥山の動きを予測し、サワラの群れを先回りして待ち伏せする作戦にします。
    
    ルアー選択は、飛距離、高速巻きに対応できるルアーが必須条件となりるので
    今回は『弾丸スカッドミノーH・W 90mm』を選択
    
    遠くにいた鳥山たちがだんだん船に近づいてきます。
    鳥山が射程距離に入った時、ミノーを遠投キャスト!
    
    一投目からサワラが数匹ルアーを追ってくるのが目視できます。
    船元までルアーを追ってきたところでサワラがヒット!しかも大きい。
    ミノーを加える瞬間が見えました!!
    
    ドラグが引きずり出され、船の下へ下へ潜ります。
    数回の突っ込みをかわし上がってきたのは、メーターをはるかに超えるサワラでした。
    代悟にタモ取りを頼むが、魚が大きすぎてタモに入りきれず・・・
    何度か挑戦するが、やっぱりタオに収まらず、口切れしてしまいオートリリース...
    
    
    気を取り直して
    船を立て直し改めてサワラの群れを待ちます。
    そして改めてサワラをヒットさせました。
    今度はサワラが小さかったため無事タモに収まりキャッチすることができました。 
    
      
    
    うれしい1本です。
    
    
    
    早速、西京漬けにしておいしくいただきます。
    
    

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    links
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    v